渋谷ではたらく社長の告白

お題「一気読みした本」

結構有名な本だと思う。


サイバーエージェント藤田社長の会社立ち上げから10年くらいまでのことがつらつらと綴られている。 2005年発行なのでもう10年以上前の本だ。


起業家必読の一冊。 起業前、学生時代から藤田社長が歩んできた記録がここにはあった。

今や、イケイケのキラキラした企業というブランドがあるサイバーエージェントだけれども、やはり起業当初はそうもうまくはいっていなかった。

インターネットでビジネスをするっという広告が当たり前のようにある今だが、この時代はまだインターネットが普及し始めていたころ。 そもそも、インターネットでビジネスをしていいのか? なんても言われていたらしい。


世間からの冷たい目。 孤独との戦い。 そして決断。


起業してからの苦悩がここまで鮮明に綴られていたこの本は久しぶりに一気に読み切ってしまった。




これから社会に出ていく人、将来どうすればいいのか迷っている人。




こんな人生もあるんだなって知れる一冊でした。

これを読んで起業したくなったって人結構聞くので、是非読んでみてください。